井出 京子 様(山梨県・甲府市)

井出京子様
『歌集 銀の花芽』(山梨県・甲府市)

▲歌以外にも日舞に蘭の栽培にと充実の毎日

 
 
 
 
 
 
 
 短歌を始めて十二年、十月に歌誌『富士』に発表した作品から
三五〇首を収めた歌集『銀の花芽』を上梓された井出京子様にお話をお聞きしました。
 
Q 出版の経緯からお聞きします
短歌の三十一文字にはその作り手の、その時々の機微が描かれます。
短歌を始めた頃から、いつかは歌集にまとめて家族に残したいと思っていました。
とは言え、歌歴も短く歌に自信のない私は
この世にはまだ未練あり遂げられぬ 夢の一つを夫にも告げず
と歌に詠んでいました。何かの折、それを知った夫が
「素直に主宰の先生にうかがってみるのが一番だよ」と
背中を押してくれました。師である川﨑先生は、
「『富士』に載っている歌の中から私が選歌します、
十分な歌数はありますから歌集は出せますよ」と喜んでくださいました。
先生にお聞きした翌年の令和二年は、ちょうど七十七歳でもあり、
そうだ喜寿の記念に出版しようと決心しました。
 
Q 本を出すまでのご苦労は?
先生に選歌をお願いするためには、今までの十年超の歌をパソコンに入力し、
そのデータをお渡ししなければなりません。不得手ながら
昼夜パソコンに向かいましたが、出版の夢に向けた作業だったので、
むしろ楽しみに変わっていきました。出版のことなど全くの未経験ながら、
その後のことはすべて川﨑先生と喜怒哀楽書房様のご指導により、
難なく進めることができました。コロナ禍で自粛や家に籠っている期間が、
私には追い風となりラッキーな時間となりました。
 
▲明るい表紙は作者を彷彿とさせる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Q 出版された本を手にした時は?
歌集が届けられる日は、まるで子や孫を待つ気分で受け取りました。
私の歌は家の周りの自然や生活詠が多く、自身の生きた証、
自分史と思っておりますので、家族に歌集を残せたことに満足しています。
沢山の本の山を見た時、さてこの発送・配付をどうしたものかと考えました。
幸いにも、ネットを利用する「クリックポスト」はどう? という
息子の協力があり、宛名貼り・封筒詰めは夫が手伝ってくれました。
知人や友人に進呈した後の反響は想像をはるかに越え、
本人である私以上と思えるほど、とても喜んでくれ感激しました。
従姉妹(詩人の星乃真呂夢)も、適切な評と今後のエールをくれました。
今は人生の一区切りになったと安堵し、次への希望に向えると思っています。
 
Q これから先は?
わが家には農地があり、野菜や果実を栽培しています。
家籠りの間もストレスを溜めることなく青空の下で働き、
秋冬の野菜も例年以上に青々と茂っています。
歌集名も「飛び来たる椋よ辛夷に啄むな空に光れる銀の花芽を」の
歌からとりました。庭の真ん中の家を新築する際に夫と探し当てた辛夷の木は、
木陰でコーヒータイムを楽しんだり、小鳥を眺めたりと、
一年を通して生活とともにある木です。
また、以前から趣味で育てている蘭は、寒さにも暑さにも弱く、
最近の地球温暖化による猛暑は蘭に大変な打撃を与えています。それでも、
今年もすでに花芽が出始めた鉢があります。新しい蘭の苗を
東京ドームで開かれる「世界ラン展」で買い足したいと思っていましたが、
コロナ禍でその願いは叶いませんでした。ワクチンや治療薬が早く出回ることを切に願っています。
短歌については今回の出版を機に、これからの老いの人生を大切に見つめ、
その一つ一つの思いを歌に残していきたいと思っています。
 
歌集 銀の花芽』より
入りつ日の光反して田植待つ水田さざ波大いなる湖
ずんずんと積もる大雪夕闇に老いの二人を家ごと包む
明け暮れに明かり振りつつ野の道に誰ぞ大きく空を仰ぐは
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
▲シンビジウム、デンドロビウムなどご自宅は蘭でいっぱい

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★お会いした第一印象は、ぱっとその場が明るくなる向日葵のような方。
聞けば夫と同じ職場で働いていたが、夫の管理職昇進により退職勧奨、
翌年は新しい職場にうつり定年まで勤めあげたとか。
そこでは定年後の趣味・生きがいづくりを提唱する仕事に就き、
まずは「隗より始めよ」と自らが蘭の栽培を始め、
六十三歳からは日舞を習い、短歌を始めたのは六十五歳だったという。
一線で働き続けたあとは、趣味と日常を充実させ、色とりどりの花を咲かせ、
名取となり、歌集に結実させるという人生。
今、コロナ禍でも人生の祝福にあふれている。(木戸敦子)